2016年12月21日

お米2合半で作る!パエリアはホットプレートが最適。

2A9F7F21-4250-49CC-A0BC-91841C1C58C7.jpg

飯は食っても2合半〜♫

と、角田信朗さんが花の慶次で歌っていますが、
正しくは、というか、もともとの言葉は

起きて半畳寝て一畳、天下取っても二合半。

という格言。意味は

人間、起きている時は畳半畳、寝るのには畳一畳分の場所があれば十分。
いくら天下を取っても、1度に食べられるご飯の量は二合半程度である。

要するに、人が生きていく上でそれほど多くの物は要らないとという、人の際限のない物欲を戒める言葉。

でも欲しい物は欲しい!



そんなお米2合半で作る、ホットプレートパエリアの作り方。
パエリアはパエリア鍋というパエリア用の鍋で作るのが、本場、イタリアの作り方ですが、実はホットプレートで作るのが最適な料理だと思っています。

パエリア鍋は、厚さが薄く、一気に火が通る反面、火加減が難しく、リゾットみたいにベチャベチャのパエリアになったり、焦げる原因になったりします。

ホットプレートでパエリアの材料
お米  2合半
お湯  350ml(沸かしておきましょう)
コンソメ  2個
ターメリック  小さじ1
クミン  小さじ1
塩  小さじ1〜2
粒コショウ  パラパラ
酒  大さじ4
海老  10尾
アサリ 120グラム(イトーヨーカドーの真空パック)
あえて牛肉  カレー用の牛肉を200グラム
パプリカ 1個
玉ねぎ  1個 粗みじん切り
にんにく  3片 みじん切り
オリーブオイル  多め

パエリアの具はお好みで。ムール貝があると、見た目も派手で本格的な感じになります。
お肉は普通は鶏肉(もも肉)ですがあえて牛肉。なんとなくカーニバルな感じになるレシピです。

そしてお肉にすごくよく合うスパイスのクミンは、カレーをつくる時にも使えるので持っていて損は無いですよ。
ターメリックも同じく、肉に合うし、サフランを入れずとも、お米が黄色くなります。
カレー粉でも構いませんが、スパイスはパエリアを美味しく作るポイントであります。

アサリは砂抜きが要らない真空パック。
海老は殻付きで背ワタを取ります。


ホットプレートでパエリアの作り方。
ホットプレートのレシピは下準備が大事。
材料は切って、調味料は手の届くところに出しておきましょう。

パエリアの本場スペインではお米を研ぎませんが、お米の種類も違いますし、研いだ方が日本人好みの味になります。日本人はお米は研ぎます!研いだら、水を切っておく。

下準備が整ったらいよいよ焼いていきましょう!

ホットプレートってこの焼き始める時がワクワクしますよね。

わかりやすいように工程を分けて。

6F76755C-998C-4C00-9916-68014277E92C.jpg


第1工程  具材を炒める!
温度設定は、にんにくが焦げやすいので中温の150度ぐらい。
オリーブオイルを多めにひき、にんにくを炒めてふわ〜っと良い匂いがしてきたら、高温の220度にして、まずは牛肉を焼きます!

牛肉の表面がしっかり焼けたら、海老、アサリを入れ、お酒をかけて魚介のダシを出しながら炒めていきます。

アサリがパカッとみなさん口を開けたら、一旦具材を入れを取り出します。


第2工程  お米を炒める!
温度設定はそのまま、魚介の旨味の出たホットプレートで玉ねぎを炒めます。
透きとおってきたら、お米も入れてお米も透きとおるまで炒めます。
(炒めておくことで、ベチャっとすることを防ぎます。)
透きとおってきたら、ターメリック、クミン、塩コショーをして、もう一炒め。


第3工程  ホットプレートでお米を炊く!
炒めたら、お湯とコンソメを加えて混ぜます。
混ざったら先ほど取り出した具材をお米の上に見た目よく、"美味しく見えるように"並べ、蓋をして、時間は約10分。
一度、蓋を開けて、パプリカも彩り良く、"更に美味しく見えるように"並べて再び蓋を。


第4工程  パエリアを蒸らす。
5分ぐらいのところで、様子を見ます。
おこげも良い感じに付いていると思いますが、おこげが好きな方は更に1分ほど。
(焦げないパエリアが良い方は、第3工程の時に温度を下げて180度ぐらいが良いと思います。)

そこから保温にして、2〜3分蒸らせば、パーティーに最適なホットプレートパエリアの完成!

パエリアは見た目も楽しい色鮮やかで、パーティー料理にもってこいですよ。

僕のホットプレートパエリアのポイント
牛肉を使ってイベント感の高いカーニバルなパエリアに。
準備万端!下ごしらえをしっかりと。
スパイスはカレー粉か、カレーに使うクミンとターメリックを。
サフラン無しでも黄色いパエリア!
真空パックのアサリで下ごしらえを楽に。
お米は研いで日本人好みご飯。
見た目を楽しむ。


こんなお洒落なホットプレートがあった!
posted by 鉄板家族 at 13:21| Comment(0) | エトセトラ… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

こうすればオッケー!ホットプレートで、ピザの焼く時の注意点。

520E5CC4-9D6D-4751-BC9B-633CB8FAA463.jpg

ホットプレートでピザは焼けるのか?

やってみましょう!

ピザは普通はで焼くものですが、ホットプレートでは美味しく焼けないのかな?
ということで、自宅のホットプレートでピザを美味しく焼くコツを。
ついでに食べ方を。

ホットプレートでピザ、出来たら熱々のピザが楽しめますし、自宅で友達を招いて、素敵なパーティーレシピにもなるのでおすすめです。

まずは簡単!発酵なしのピザ生地作り。

ピザ生地の材料
強力粉 150g
薄力粉 150g
ドライイースト 小さじ2

水  190ml(カップ1弱)
塩  小さじ1弱
砂糖 小さじ2

はい、これに牛乳を少々加えて混ぜます。捏ねます。ラップで包んで10分ぐらい放置。

一服します(^-^)

ピザ生地は、ホームベーカリーがあれば簡単にできるのですが、発酵の時間に45分ほどかかってしまうんですよね。
今回のレシピは10分ほどの放置で、もっちり美味しい生地になります。
ちなみに今回も市販のピザ生地の粉を使えば、更に簡単ですね。


ホットプレートで美味しくピザを焼く方法。
一服する間に、ホットプレートを用意して少〜しだけ温めておきます。
こうすると、ホットプレートにピザ生地がくっつきにくくなりますので、ピザ生地をホットプレートの上で伸ばしていきます。
丸でも四角でも、星形でも、お好きな形に。

伸ばしたらホットプレートの温度は150〜180度ぐらいの中温に。焼き時間は以外と早くて5分ぐらい。
焼き色がついたら、

ここでひっくり返すのが、ホットプレートピザを美味しくするコツ!

生地は両面焼けてる方が、ピザは美味しいんです。

裏返したら、ピザソースを塗り、ソーセージ、トマト、バジル、ピーマンなどの具材を生地の上に。

蓋をして10分ほどで、カリッ!もちっ!としたホットプレートピザの完成です。

ホットプレートピザの美味しい食べ方。
さて、焼けたら切り分けるピザですが、ホットプレートの上では金属のヘラやピザカッターは使えませんよね?
とっても切りにくいホットプレートの上のピザは、ハサミで食べたい分を切って食べましょう。
なんだかワイルド?アメリカン?な気分になって、楽しさ倍増で味も美味しく感じますよ(^-^)

料理や食事は楽しむことが大切です。食べる人が良ければそれで良し!

ホットプレートピザのポイント
簡単!発酵なしのピザ生地で作る!
焼く前にホットプレートを少〜し温める。
ピザ生地は両面焼く。
具を乗せたら蓋をして10分。
ハサミで切ってワイルドに食べる!

更に美味しくするコツは、チーズを2種類以上使うこと。
ホットプレートピザなら、熱々のまま食べられて美味しいです。
正直、デリバリーピザって値段が高いですよね。家で作る楽しさも加わるのがホットプレートレシピのメリットの1つです。
思い切ってホットプレート一面いっぱいのピザを作って、自宅で楽しく、ホットプレートピザパーティーはいかがでしょうか?


なんだコリャ?!なお洒落すぎるホットプレート!
↓↓↓
4297D053-F09A-4F92-B30C-35542A4E26CC.jpg





posted by 鉄板家族 at 13:22| Comment(0) | エトセトラ… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする