2016年12月24日

ワンランク上の味!ホットプレートでパリパリの羽根付き餃子の作り方。

日本人みんな大好きな焼き餃子。

本場の中国では、蒸し餃子か水餃子が主流のようですが、日本人は焼き餃子!
87BD8682-7F19-4D44-9030-95275250B568.png


たくさん作ってみんなで食べると楽しくて美味しいですよね。
夏にホットプレート一面に焼いた餃子とビール!たまりません!
餃子パーティーも最近では人気みたいですね。

ホットプレートで餃子パーティー!を、

パリパリの羽根つき、皮はもっちり、中はジューシーになるワンランク上の作るコツをお伝えします。

テレビで餃子のプロの人が伝授していたコツですが、本当に美味しい餃子になりますよ。

パリパリ羽根つき餃子の材料(20個分)
豚ひき肉  200グラム
キャベツ  200グラム(大4枚、もしくは1/3程度)
ニンニクすりおろし  1かけ
餃子の皮  20枚
ごま油 少々
塩  小さじ1

皮の材料
熱湯100ccに小麦粉小さじ2


パリパリ羽根つき餃子の作り方。
キャベツをみじん切りにして、塩を少し振って塩もみしておく。後で絞って余分な水分を取ります。

豚ひき肉も、塩小さじ1を加えて、白っぽく粘りが出るぐらいによーくこねる。
塩を入れてよくこねることで、野菜や肉をから出る旨味を逃さず、ジューシーな餡になるそうです。

ひき肉、水分を絞ったキャベツ、すりおろしニンニクを、ごま油をひと回しかけて混ぜます。

餃子の包み方。
餡を皮で包む時にも、1つ美味しくするコツがあります。
包む時は、
餡を皮に押し付けるようにして、出来るだけ空気が入らないように包みます。
少し丸めた手の平に餃子の皮を乗せ、餡をギュッと、平らになるぐらいに押し付け、くるむように包んでいくとうまくいきますよ。
これもジューシーな餃子にするコツ。


パリパリ羽根つき餃子が更に美味しくなる焼き方。
いよいよ焼いていきますが、焼く時にも、皮がもちもち、羽根はパリパリにするコツが。
それは、羽根の材料である小麦粉を熱湯で溶く!
ということ。
たったこれだけですが、魔法の水とも呼ばれています。
均等でパリパリの羽根になるほか、水蒸気で素早く蒸し焼きにすることで皮にをもちもちにしてくれます。

この方法で、温度は高温にしたホットプレートに、取りやすいように少し間を空けて餃子を並べ、並べたらすぐに小麦粉を溶いた熱湯をかけて蓋をします。

焼き時間は約5分。

蓋を取って残りの水分を飛ばしたら、仕上げにごま油をかけて、約1分で焼き色のついた羽根つき餃子の完成〜

具材はお好みでどうぞ。僕のおすすめの餃子のトッピングはしそ(大葉)。
大葉入り餃子はさっぱりして食べやすく、思わず何個でも食べちゃいますよ。


パリパリ羽根つき餃子のポイント!
キャベツは塩もみして余分な水分を取る!
豚ひき肉にも塩を入れてよーくこねる!
包む時は空気が入らないように押し込む!
羽根の材料の小麦粉は水で溶く!


タレは酢を多め、なんなら酢だけをつけて食べても意外とうまい!

パクチー入りでチリソースをつけて食べるアジアン餃子を見つけたので、こちらを参考ににどうぞ。

型にとらわれず、いろいろ試してみると良いと思います。
なんじゃコリャ!な餃子が出来ても楽しいですよね。
食事も料理も楽しんで!です。


おしゃれなホットプレートを探してるなら↓

正規品 プリンセス ホットプレート テーブルグリルピュア ◆もれなくキッチンタイマーとオイルブラシの特典◆【ポイント10倍 送料無料】 グリルプレート おしゃれ グリルストーン 103030 焼肉 白いホットプレート 大型 ギフト[ PRINCESS Table Grill Pure / Stone ]
posted by 鉄板家族 at 09:44| Comment(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

超簡単にもう1品!ホットプレートで味わう沖縄料理 ヒラヤーチーの作り方。

前回、沖縄料理の代表、ゴーヤチャンプルーの作り方を紹介したので、沖縄料理をもう1つ、
沖縄風お好み焼きのヒラヤーチーの作り方を。

B87C29CB-4D2A-4641-8F61-2AE4D8227794.jpg


ヒラヤーチーとは、沖縄の薄く焼いたお好み焼きとか、沖縄風チヂミのことですが、野菜も摂れて超簡単なので、ゴーヤチャンプルーが出来たら、その隣で焼けばもう1品、ホットプレートで沖縄料理が味わえます。

ここでも味の決め手はほんだしです。
具材は家にある物で構いませんが、基本はニラと人参。僕の好みは"もずく入り"です。

沖縄の人達の健康と長寿(長生き)の秘訣はもずくを大量に食べるからとも。
確かにあれだけオリオンビールやら泡盛やらを飲む飲んべえが多いのに、痛風の人が少ないようですよ。

ですのでもずく入りヒラヤーチーのレシピをお届けします。

もずく入りヒラヤーチーの材料
小麦粉  200グラム
水  200グラム
卵  1個
ニラ  5本ぐらい
人参  大きめ半分ぐらい
もずく 100グラム
ほんだし  小さじ1.5
塩少々  (お好みで)

67544762-23EB-471B-98EF-8B4D616184E5.jpg

もずく入りヒラヤーチーの作り方。
人参は細かい細切りに。人参しりしり器があると非常に便利。人参を細かい細切りにする機会の多い方にはおすすめの便利グッズですよ。
(人参以外にも、大根などに使えます。)

ニラは3センチぐらいに。もずくはハサミで半分ぐらいの長さに切っておくと食べやすいです。

小麦粉を水で溶いておき、具材と調味料を混ぜてホットプレートで両面焼くだけ!

少ししゃぱっとしているぐらいで大丈夫です。平焼きなので、素人のクレープぐらいの薄さで焼きます。
野菜に火が通れば完成ですが、人参も細切りですし、すぐに火が通りますね。

ヒラヤーチーの作り方のポイント
超簡単にもう1品!
もずくを入れて長寿に!
味の決め手はほんだし!
(沖縄そばのタレがあるとなお良し!)
素人のクレープぐらいの薄さで焼く!


ゴーヤチャンプルーと合わせて、酒のつまみにも食事にもなりますし、子供のおやつにも。

ヒラヤーチーは平焼きとか薄焼きとか言われるみたいですが、本当に簡単で美味しいです。
お好みでソースをかけて召し上がれ〜(^-^)

やっぱり沖縄料理を作るには、沖縄そばのタレがおすすめ。今はネット通販ですぐに手に入りますよね。


かわいいホットプレート↓

正規品 プリンセス ホットプレート テーブルグリルピュア ◆もれなくキッチンタイマーとオイルブラシの特典◆【ポイント10倍 送料無料】 グリルプレート おしゃれ グリルストーン 103030 焼肉 白いホットプレート 大型 ギフト[ PRINCESS Table Grill Pure / Stone ]

posted by 鉄板家族 at 11:21| Comment(0) | エトセトラ… | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする