2016年12月30日

おすすめホットプレートはプリンセス?ブルーノ?象印?

おすすめのホットプレート勝手にランキング!

ホットプレート料理が大好きな僕ですが、使っているホットプレートは…

いただき物です…

友達から結婚祝いにプレゼントされた
象印の「やきやき」というホットプレート。

焼肉の時に余分な油が流れて、
油がはねるのも少なく、
煙も少なくなる溝付きのプレートと、
たこ焼き用のプレートが付いていて、とっても重宝しています。

ちなみに妹も結婚祝いにホットプレートをプレゼントされていましたが、
同じような3枚プレートの、タイガー魔法瓶の「これ一台」というホットプレート。


ホットプレートって結婚祝いに人気の品なんですね。


そんないただき物を使っている僕ですが、
色々とホットプレートの新商品のチェックなどをしていまして、
気になるホットプレートを
勝手にランキング形式でお伝えしたいと思います。


第1位!
象印の「やきやき」

手前味噌ですみません。
ただ、この「やきやき」は、新商品のオーバルプレートタイプ。(楕円形)

僕の使っているのは、焼肉プレートが半分に別れている角形のものなんですが、
ちょっとこれだけは便利なようで面倒くさい…

A3C5ADC6-53A9-42D1-B001-8D318C1867B9.jpg


そこで、そういう事が無いように、
焼肉プレートが一枚になったオーバルタイプがおすすめです。
(だったらタイガーの「これ一台」が1位で良いんじゃないか??
手前味噌のすみません…)

ハーフプレート以外は、丈夫で長持ち!文句無しの日本製です。


やきやきオーバルタイプ。

象印 ホットプレート 「やきやき」 プレート3枚 オーバルプレートタイプ EA-BQ30-TD ダークブラウン 【送料無料】【KK9N0D18P】

(楽天)


第2位!
プリンセス テーブル グリル ピュア

ホットプレート革命の白いホットプレートです。現在、人気爆発中で品切れ続出してますね。

ホットプレートって出したりしまったりするのが手間じゃないですか?

そんなあなたに新発想!
出しっぱなしにしたくなる、おしゃれなホットプレート!

むしろ飾っておきたくなるようなホットプレートで、そのままインテリアとして、
ダイニングに彩りを与えてくれる、全く新しいタイプのホットプレートです。


芸能人でも木下優樹菜さんや香取慎吾君が自宅で使っているということで、人気に拍車がかかってますね。


プリンセスというオランダのメーカーのホットプレートですが、
機能も優れていまして、セラミックプレート採用で煙もほとんどなし!


ホットプレートを魅せる家電に、このデザイン製には驚きですね。



ホットプレート革命!白い!
(専門ネットショップ)


第3位!
ブルーノ(BURUNO)のホットプレート

本当はこれが1位じゃない?
楽天やAmazonのランキングの常連です。

1人用〜2人用のコンパクトタイプが主流ですが、
要望に応えて今年発売された大きいサイズの
"グランデ"を選ばせていただきました。

北欧風でレトロなかわいいデザイン。テーブルに置くとホーロー鍋を置いたみたいになっておしゃれです。
気分が楽しくなるホットプレートですね。


たこ焼きプレートも付属、別売りですが、
鍋や煮込み料理も作れるセラミックコート鍋も用意されています。
作れる料理の幅も広くておしゃれなホットプレートですね。

人気があるのもわかります。

パッケージの箱がまたかわいい!

なのでギフトとしても売れ筋のホットプレート。

色は赤が人気、度々販売される限定カラーも、
手に入れたい衝動に駆られてしまいますね〜(^-^)



BRUNO ホットプレート グランデ/ブルーノ【送料無料】【あす楽対応】

(楽天)

ホットプレートも今は多種多様。選び方も人それぞれ。
ですが、それなりに長く使う家電だと思います。

機能を重視か、デザインを常連か、僕はやっぱり機能かな〜。

ということで、僕のホットプレートのおすすめ勝手にランキングの1位は、象印「やきやき」オーバルタイプです。


おまけ。
ホットプレートで鍋もしっかり楽しみたい方におすすめは、
薄型よりもグリル鍋というタイプ。

タイガーのグリル鍋なら、大容量で深さも約7センチ。
鍋もしっかり楽しめて、焼肉、たこ焼き器も付いているのでマルチに活躍!

しかも本体ガード丸洗いオッケー!きれい好きには待ってました!の機能ですね。



CQD-B300TH【税込】 タイガー グリルなべ(3枚タイプ) メタリックブラウン TIGER [CQDB300TH]【返品種別A】【送料無料】【RCP】

(楽天)
posted by 鉄板家族 at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする