2018年01月02日

"穴"の悩みを解消!あの大人気ホットプレートに便利なフタとストッパーが発売。

いつかは家に鉄板を置きたい!お好み焼きテーブルとも呼ばれる鉄板テーブル。

そんな僕が、鉄板の代わりでもないけれど、テーブルの上に出しっ放しにして、いつでも気軽に使えると思うホットプレートが、

プリンセステーブルグリルピュア。




おしゃれ過ぎる白いホットプレート、ホットプレートに見えないホットプレート、まるで大皿!料理が美味しく見えるホットプレートetc…

様々な表現で大絶賛され、メディアにも多数登場、芸能人にも愛用している人が多いということで、一時期は品薄状態でした。
今は供給も落ち着いているようですね。

インスタ映えするのでインスタ常連のホットプレートなんですが、




僕の目的は鉄板テーブル代わり。
おしゃれだから出しっ放しでも平気な点で、クリアしているホットプレートですね。

どうやら同じ事を考えている人も多いのか、amazonで鉄板テーブルをチェックすると、

"この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています。"

の一覧に、鉄板に混ざってプリンセステーブルグリルピュアも並んでいて、異彩を放ってます。


お好み焼き台(4人用・12mm鉄板GS・木高脚・古木調・LPガス)
(amazon)


このプリンセステーブルグリルピュアという白いホットプレートは、セラミックプレートを採用しているため、キレイなだけじゃなく、熱の効率も非常に良く、遠赤外線効果で鉄板に負けないぐらい美味しい料理が作れます。

熱量では鉄板にかないませんが、柔らかい熱で保温力も高いので、保温していて焦げてしまう心配が少ないですね。


そんな優れたホットプレートのプリンセステーブルグリルピュアですが、難点が一つ。


見た目を美しく、おしゃれにしている緩やかな曲線、そして真ん中に開いた穴。

どちらも肉などを焼いた時に出る余分な油を下のトレイに落とすための、便利に考えられた構造なんですが、これにより、食材までこの"穴"に落ちてしまう…

焼きそばのそば、そして目玉焼きを焼こうとすると、お手入れ簡単なツルツルプレートから、下手するとがつるんと、"おにぎりコロコロ"ならぬ"卵ツルツル"

そんなお悩みが、使っている人にはあるんですね。

そんな悩みを解消してくれる付属品が

リッド&ストッパー

です。具材が落ちる穴を塞ぐストッパーと、タジン鍋のような形状のフタ。

耐熱シリコンで、プリンセステーブルグリルピュアに溶け込むとてもおしゃれなデザイン。



これで焼きそばやパスタ、リゾットやパエリアもこのホットプレートで。

さらに蓋を使ってしっかり蒸せる餃子も、タジン鍋と同じ効果で美味しく焼けますし、油なしでヘルシーな蒸し&焼き野菜と、一味違ったレシピも楽しめるようになりました。

これだと鉄板以上に使えるホットプレートかもしれませんよ。


鉄板代わりに出しっ放しホットプレート!

Table Grill Pure/テーブルグリル ピュア

(amazon)

レシピ広がる便利な蓋とストッパー。

[プリンセス]PRINCESS【LID&STOPPER テーブルグリルピュア/ストーン専用】 リッド&ストッパー/蓋/フタ

(amazon)
posted by 鉄板家族 at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月10日

煙が出ない対決!ザイグルvsアラジンのホットプレート。

ホットプレート料理に欠かせない"焼肉"ですが、みなさんもお家で焼肉、楽しんでますか〜?

なんと言っても安上がりですし、自分の好きなお肉を好きなだけ、思う存分に食べられるので、僕も大好きなんですが、まぁ気になるのが「煙」

それから油はね臭い。焼肉の後は部屋の掃除が大変になる!と嫁さんに言われるので、焼き肉はちょっと遠慮がちになってしまうホットプレートレシピです…

その煙の悩みを解消してくれるのが、煙が出ないホットプレートの、ザイグルとアラジン。

上からカーボンヒーターで加熱するタイプのホットプレートなので、ホットプレートと言うよりはグリルに近い調理器かもですね。

ですが、開放された外観はグリルと言うよりはホットプレートです。







ザイグルvsアラジン!両方のホットプレートを比較して、その特徴を見てみましょう。



ザイグルの特徴。

ザイグルはなんと言ってもその形が1番の特徴でしょう。丸いドーム型のスタイルが、ひときわ目を引きます。


おしゃれ芸能人も使っている方が多いのも納得の、おしゃれなデザインですね。


加熱ヒーターの高さが8段階に調節できるのも特徴です。

下げればこんがり、上げればじっくりの加熱調節。そして下のプレートもしっかりと加熱されるので、上からと下からの両面焼き状態になります。これにより、焼き色や焦げ目もしっかり付くのがザイグル。


ザイグルハンサム製品詳細 ザイグル公式サイト

(公式通販サイト)



アラジンの特徴。

アラジンのグラファイトグリラーの特徴は、瞬間発熱。

特許技術の遠赤グラファイトは、なんと鉄の10倍もの熱伝導率で、わずか0.2秒で高温に発熱!

素早く予熱いらずで、すぐに高温調理ができます。

ザイグルのようにヒーターの高さは調節できませんが、それを補うのに十分な発熱!

温度調節もできますし、網とクイックプレートというプレートが付属していて、クイックプレートを使えば下からの加熱で両面を焼く事も可能です。


アラジンダイレクトショップ / CAG-G13A(G)

(公式通販サイト)


・参考記事

「煙」「油」「ニオイ」気にせず焼肉!グラファイトグリラー。 - 白いホットプレートが欲しい!お値段は?レシピは?使い方は???



共通の特徴。

・煙が出ない。

普通のホットプレートの場合、煙が出る原因は、お肉などの食材から出た油が焼けるから。

上からの加熱がメインで、油はすぐに下に流れ落ちる構造の両者は煙がほとんど出ません。


出るのは熱せられた食材からの水蒸気。


・ふっくらジューシー!

炭火焼きと同じように、赤外線からの輻射熱による直火調理です。

炭火焼きのように食材をふっくらと焼き上げます。


炭火焼きは油が炭に落ちて大量の煙が発生しますが、熱源が上なので熱源に油が落ちず、大丈夫。やはり煙は出ません。


調理した食材は、お肉の柔らかさもさる事ながら、赤外線の輻射熱による調理の味の差には、鶏肉野菜を焼いた時に驚く事でしょう。

(石焼き芋なんかも赤外線の輻射熱のおかげで中までふっくらする事からも、赤外線を利用したレシピの美味しさがおわかりいただけると思います。)


・油なしでヘルシー!

油をひかずに焼ける上、余分な油はプレートの下に流れ落ちる形状。

なおかつ調理後の食材の中に残る水分量は、普通のホットプレートよりも多く残ります。


なのでヘルシーでふっくら美味しい!


"料理の味"に関しても、とても嬉しい特徴を持っていますね。



お値段の比較。

ザイグルのホットプレートはバリエーションがいくつかあります。


・ザイグル

定価29,800円

・ザイグルミニ (一回り小さなザイグル)

定価28,800円

・ザイグル ハンサム(真ん中の棒が無く、大きな食材も焼けるザイグル)

定価29,500円

・ザイグルプラス(シリーズ最大の大きさのザイグル)

定価39,800円

・ザイグルシンプル(より簡単に!柱無しでコンパクト)

定価20,000円


と、5種類をラインナップ!

一方のアラジングラファイトグリラーは1つのみで、価格は34,560円


ホットプレートの大きさと焼ける量を考えると、ザイグルからはハンサムと比較するべきかもしれません。


お値段はザイグルの方が安いのかな?


ということになりますが、アラジンのグラファイトグリラーは折り畳みが可能で、収納の良さではグラファイトグリラーに軍配が上がります。


さらにヒーターの性能面では、パンが物凄く美味しく焼けるトースターが好調のグラファイトトースターと同じヒーターですし、アラジンの方が上。


おしゃれなデザインと価格を選ぶのか?収納と性能に優れた方を選ぶのか?


僕の独断で言わせていただきますと、瞬間発熱!で素早く調理でき、性能面に優れたグラファイトグリラーが買いではないかな?と思います。



購入店舗は?

上で表示した値段は、公式サイトで表示されている販売価格。いわゆる定価ですが、通販サイトのamazonや楽天で購入する方が少し安いですよ。

特に楽天スーパーセールの時などは、3,800円引きクーポンが発行されていたりして、定価29,800円のザイグルが17,800円で購入できる事もあります。チェックしてみて下さい。




posted by 鉄板家族 at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする