2016年12月24日

ワンランク上の味!ホットプレートでパリパリの羽根付き餃子の作り方。

日本人みんな大好きな焼き餃子。

本場の中国では、蒸し餃子か水餃子が主流のようですが、日本人は焼き餃子!
87BD8682-7F19-4D44-9030-95275250B568.png


たくさん作ってみんなで食べると楽しくて美味しいですよね。
夏にホットプレート一面に焼いた餃子とビール!たまりません!
餃子パーティーも最近では人気みたいですね。

ホットプレートで餃子パーティー!を、

パリパリの羽根つき、皮はもっちり、中はジューシーになるワンランク上の作るコツをお伝えします。

テレビで餃子のプロの人が伝授していたコツですが、本当に美味しい餃子になりますよ。

パリパリ羽根つき餃子の材料(20個分)
豚ひき肉  200グラム
キャベツ  200グラム(大4枚、もしくは1/3程度)
ニンニクすりおろし  1かけ
餃子の皮  20枚
ごま油 少々
塩  小さじ1

皮の材料
熱湯100ccに小麦粉小さじ2


パリパリ羽根つき餃子の作り方。
キャベツをみじん切りにして、塩を少し振って塩もみしておく。後で絞って余分な水分を取ります。

豚ひき肉も、塩小さじ1を加えて、白っぽく粘りが出るぐらいによーくこねる。
塩を入れてよくこねることで、野菜や肉をから出る旨味を逃さず、ジューシーな餡になるそうです。

ひき肉、水分を絞ったキャベツ、すりおろしニンニクを、ごま油をひと回しかけて混ぜます。

餃子の包み方。
餡を皮で包む時にも、1つ美味しくするコツがあります。
包む時は、
餡を皮に押し付けるようにして、出来るだけ空気が入らないように包みます。
少し丸めた手の平に餃子の皮を乗せ、餡をギュッと、平らになるぐらいに押し付け、くるむように包んでいくとうまくいきますよ。
これもジューシーな餃子にするコツ。


パリパリ羽根つき餃子が更に美味しくなる焼き方。
いよいよ焼いていきますが、焼く時にも、皮がもちもち、羽根はパリパリにするコツが。
それは、羽根の材料である小麦粉を熱湯で溶く!
ということ。
たったこれだけですが、魔法の水とも呼ばれています。
均等でパリパリの羽根になるほか、水蒸気で素早く蒸し焼きにすることで皮にをもちもちにしてくれます。

この方法で、温度は高温にしたホットプレートに、取りやすいように少し間を空けて餃子を並べ、並べたらすぐに小麦粉を溶いた熱湯をかけて蓋をします。

焼き時間は約5分。

蓋を取って残りの水分を飛ばしたら、仕上げにごま油をかけて、約1分で焼き色のついた羽根つき餃子の完成〜

具材はお好みでどうぞ。僕のおすすめの餃子のトッピングはしそ(大葉)。
大葉入り餃子はさっぱりして食べやすく、思わず何個でも食べちゃいますよ。


パリパリ羽根つき餃子のポイント!
キャベツは塩もみして余分な水分を取る!
豚ひき肉にも塩を入れてよーくこねる!
包む時は空気が入らないように押し込む!
羽根の材料の小麦粉は水で溶く!


タレは酢を多め、なんなら酢だけをつけて食べても意外とうまい!

パクチー入りでチリソースをつけて食べるアジアン餃子を見つけたので、こちらを参考ににどうぞ。

型にとらわれず、いろいろ試してみると良いと思います。
なんじゃコリャ!な餃子が出来ても楽しいですよね。
食事も料理も楽しんで!です。



posted by 鉄板家族 at 09:44| Comment(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: